育毛剤の選び方

近年、ひと昔に比べると薄毛の悩む人が多くなり、育毛剤の種類も数多く店舗市場のみならず、 インターネット市場に出回るようになりました。 いったい、なぜこんなに育毛剤の種類は多いのかと思われると思います。
それは、薄毛の原因は、一つではないし、千差万別だからです。
そのため、育毛剤を選ぶにあたって、 まずは、自分の薄毛・抜け毛の原因が何なのかを調べ、自分に適した育毛剤を使う必要があります。

育毛剤の効果として期待できる4種類のタイプ

育毛剤の効果として、目的別に見ると、主に4つの種類に分けられます。
ここでは、育毛剤の種類に沿って、どのタイプに育毛剤がどんな人に適しているか 説明していきます。
1:男性ホルモン抑制タイプ
2:血行促進タイプ
3:毛母細胞活性タイプ
4:皮脂分泌抑制タイプ
育毛剤を選ぶ上では、下記の点をふまえて、自分の症状に合った効果の育毛剤から選んでいきましょう。

男性ホルモン抑制タイプ

男性に特に多いとされている男性型脱毛症(AGA)です。
その原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)にあります。

・ジヒドロテストステロンはどうやって出来るのか?

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンである 「テストステロン」と、頭部の毛乳頭に含まれてい る物質「5α‐リダクターゼ(酵素)」とが結合することによって生成されます。
テストステロン以上に強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが、 頭部の毛乳頭細胞内にあるレセプター(受容体)と結合することによって、毛母細胞の活動が低下し髪の成長が阻害されているという事がAGAの主な原因とされています。
このDHTの血中濃度が高いほど、AGAの症状が進行していきます。
そこで、DHTを抑制するために、発生の素となっている5α‐リダクターゼを阻害する効果を持つ 成分を配合した育毛剤が販売されています。
主な例としては、プロペシアやフィンペシア(ジェネリック医薬品)などがあります。
AGAは、前髪の辺りからM字型となるものと、頭頂部を中心に薄くなっていくO字型があります。また、遺伝的要素も考えられますので、家族に薄毛の人がいる場合は、男性ホルモン 抑制タイプの育毛剤が効く可能性があります。

血行促進タイプ

頭皮の血行を良くし、発毛を促進させる効果を持った育毛剤です。
毛根に存在する毛母細胞は、血液が運んでくる栄養を素にして細胞分裂をし増殖を繰り返しながら髪を生成しています。
そのため、血行不良などで血液の循環が悪くなると、栄養がスム ーズに行き渡らなくなり、髪の育成が滞ってしまいます。
例えば、冷え性や、頭皮の硬い人、または喫煙している人などに多くみられます。
血行促進タイプの育毛剤は、血管拡張作用があるミノキシジルを配合した「薬用凌駕」や「ロゲ イン」などが代表的があります。

毛母細胞活性タイプ

毛母細胞は発毛の司令塔であり、毛根において毛髪を 生成している細胞になります。
この毛母細胞が細胞分 裂をし増殖を繰り返す事によって、髪の毛が生えてきます。
しかし、栄養不足により十分な栄養が毛母細胞に行渡 らなくなると、細胞の活動が衰えて、発毛が不十分に なってしまいます。
このような栄養不足により活動が衰えてしまった毛母細胞を活性化し、細胞を再活動させる効果の ある育毛剤が効果的です。
毛母細胞活性化タイプの育毛剤には、毛母細胞を限界寸前まで活性化する「ナノインパクト」や 『リアルラゾンDX」があります。
ダイエットをしている人や、偏った食生活の人に向いているといえます。

皮脂分泌抑制タイプ

皮脂は、頭皮を保護するのに必要な分泌物です。 しかし、何らかの原因によって皮脂が必要以上 に分泌されてしまう事があります。このことを、 過剰分泌といいます。
過剰分泌により余った分の皮脂は、皮脂汚れとなり、毛穴を詰まらせてしまいます。 毛穴汚れは除去しずらく、そのまま放置していると、酸化し過酸化皮質となります。 過酸化皮質は頭皮の炎症の素となる物質で、 頭皮や毛根にダメージをあたえる原因となります。
皮脂分泌抑制タイプの育毛剤は、皮脂の過剰分泌を抑えてくれますので、薄毛や抜け毛の素となる炎症を防ぐ作用を果たします。
頭皮がベタつく人や、痒みがひどい人などは皮脂分泌抑制タイプの育毛剤が有効的です。

新しいタイプの育毛剤

「M-1ミスト」や「薬用ポリュピュアEX」など、 まったく新しいジャンルの育毛剤も発売されています。
特に「M-1ミスト」は、化学物質などのアルコ ール類を一切使用しない商品で、その安全性は、 米国安全性試験で照明されており、目や口にいれても問題がないほど安全な商品です。
また、育毛剤特有の嫌な臭いのしない事も人気の秘訣でしょう。

育毛剤を選ぶ上での注意事項

・同じ効果を持つ育毛剤は使用を避けましょう。重複効果を避けることが重要です。
・効果が異なる育毛剤を併用することにより、相乗効果が期待できます。
・育毛シャンプーやサプリメントなどを併用することにより、相乗効果が期待できます。
・頭皮が炎症を起こしている場合は、使用を控え,頭皮専用のシャンプーで頭皮の回復をしましょう。 (アミノ酸系シャンプー、天然馬油シャンプーをおすすめします)
・育毛剤は長期スパン(最低でも半年)使用しましょう。※同じ育毛剤を続けて使用した方が良いです。

.
育毛剤口コミランキング! 売れ筋の育毛剤を比較ランキング!

M-1ミスト

アルコールフリーの育毛剤で有名です。育毛比較サイトで1位をほぼ独占しているすごい育毛剤!
管理人イチオシ!地肌の脂っぽいニオイもなくなってきました!目下継続使用中....

リアルラゾンDX

莫大な経費をかけて誕生した育毛剤。芸能人を広告に使うことでも有名です。技術革新は相当なもので、これは期待できるかも!

薬用凌駕(りょうが)アランテ2

アランテという過去一躍センセーショナルを起こした育毛剤の強力版です。先発より後発の方が効き目があるはず!

売れ筋&口コミで高評価の育毛剤を一挙紹介!
ネット販売のみならず、薬店で買える育毛剤も紹介しています。

育毛剤一覧   男性用育毛剤一覧  女性用育毛剤一覧
育毛剤を安い順に表示   育毛剤を量が多い順に表示