育毛剤AtoZトップページ > 育毛と髪に関する知識

育毛と髪に関する知識

発毛メカニズム
髪の毛は生物学的に非常にユニークな組織といえます。
毛髪の仕組み
髪の毛は、頭皮の表面から外に出ている部分の髪の毛(毛幹部という)と頭皮表面から内側に潜っている部分(毛根部)に区別されます。
抜け毛の原因
近年、ひと昔に比べると薄毛の悩む人が多くなりました。そんな、薄毛で悩む人は日本全国に1000万人以上いるとされています。
不規則な生活や睡眠不足による抜け毛
偏った食生活や無理なダイエットなどにより、体内に必要な栄養素が不足すると、体を正常に動かすためのエネルギーが不足し、徐々に体内の機能が衰えてきます。
タバコ(喫煙)による抜け毛
タバコ(喫煙)が体に与える害は、言うまでもなくご存知かと思います。
過度の飲酒(アルコール)による抜け毛
人にもよりますが、程よい量のアルコールは、血行を促進し、毛細血管も活発になります。
男性ホルモンによる遺伝的な抜け毛
抜け毛の原因の一つに、遺伝があげられます。 一般的に多くのAGA(男性型脱毛症)は、遺伝的影響が強いと考えられています。
間違ったヘアケアによる抜け毛
近年では、頭皮のケアのためのシャンプーも発売されているほど、たくさんのシャンプーが販売されています。
紫外線による抜け毛
長時間、髪の毛に紫外線を浴びることが抜け毛の原因にもなります。
ストレスによる精神的な抜け毛
近年では、過度のストレスを感じることも多い環境にあるといえます。
壮年性脱毛症
壮年性脱毛症とは、(青年期~壮年期)年齢でいうと、20代~50代までにゆっくりと時間をかけてハゲ(薄毛や抜け毛)ていく症状のことをいいます。
抜け毛予防
適度な睡眠と適度な運動は、髪の毛への発毛を促進し抜け毛の予防になります。
毛乳頭細胞と毛母細胞
毛乳頭細胞も毛母細胞も髪の毛を作る細胞の一つです。
育毛剤の選び方
近年、ひと昔に比べると薄毛の悩む人が多くなり、育毛剤の種類も数多く店舗市場のみならず、 インターネット市場に出回るようになりました。
育毛剤の効果
育毛剤にはいろいろな種類な種類があります。 したがって、それぞれの育毛剤の特徴により効果や育毛・発毛に至るまでのプロセスが異なりますが、最終的な終着点はどの育毛剤でも、育毛や発毛になります。
育毛剤が効かない理由
世の中には、薄毛や抜け毛の悩みを解消する効果を持つ育毛剤は、数多く発売されており、 薄毛や抜け毛に悩む人の多さを表すかのようです。
抜け毛は遺伝するのか?
遺伝による薄毛に関する噂は、昔から多くありますが果たして本当に薄毛は遺伝するのでしょうか。
髪を濡れたままにして寝ると悪影響か?
もちろん、悪影響です。髪の毛は健やかな状態であれば、とても丈夫なのです。
売れ筋育毛剤の共通点
国内の育毛剤で人気のある商品の共通点を比較してみようと思います。
パーマ液の影響
パーマは髪と頭皮にダメージを与えてしまいます。
スタイリング剤の影響
毎日のヘアスタイルのセットで、ワックス、ヘアスプレーなどのスタイリング剤を使用している方は多いと思います。
育毛剤は通販で買う?それとも薬局?
育毛剤を購入する際は薬局やドラッグストアなどで購入する、インターネット通販を利用する、などの方法があります。
男性用と女性用 育毛剤の違い
男性用と女性用育毛剤と分かれていますが、この2つの違いはどこにあるのでしょうか。
カツラやウィッグのデメリット
最近、カツラやウィッグをつけることにあまり抵抗感がなくなり、気軽につける人が増えてきています。
ヘアエステ
ヘアエステとは、髪や頭皮に関するトラブルを改善する方法です。