育毛剤の効果

育毛剤にはいろいろな種類な種類があります。 したがって、それぞれの育毛剤の特徴により効果や育毛・発毛に至るまでのプロセスが異なりますが、最終的な終着点はどの育毛剤でも、育毛や発毛になります。

薄毛の原因は、遺伝や栄養不足、ストレスなど、多種多様で細かい部分まで見ていくとキリがありませんが、大きく分けると4つに分類することができ、それに合わせて、育毛剤の効果も同じ数だけわけることができます。

  1. 5α-リダクターゼ阻害効果
  2. 血流改善・血行促進
  3. 皮脂の過剰分泌を抑制
  4. 頭皮の保湿


  5. 5α-リダクターゼ阻害効果

    5α-リダクターゼとは、男性ホルモンである〝テストステロン〟と結合し、男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつであるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する酵素のことです。
    それ単体では抜け毛の原因とはならない男性ホルモン「テストステロン」に働きかけ、脱毛因子であるDHTに変換してしまう作用を持っています。
    そのことから、AGA治療には、この「5α-リダクターゼ」の作用を阻害する成分を配合した育毛剤が使用されます。抜け毛の原因を遮断することになり、薄毛解消には絶大な効果があります。

    5α-リダクターゼ阻害効果を持つ成分は、日本では「プロペシア」として販売されていて、アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を受けたフィナステリドが最も知名度が高いです。
    また、同様の効果を持つノコギリヤシ成分を含有したものや、育毛サプリメント「5α-R」などあります。

    血流改善・血行促進

    血管を広げる(拡張する)ことで、血流を良くし、頭皮の血行を改善し栄養を行渡らせるようにすることです。
    毛髪を作る毛母細胞は、毛細血管を流れる血液から栄養分を得ているので、血流がスムーズになると、それだけ発毛サイクルもスムーズに行われるようになります。
    血行促進効果を持つ成分としては、血管拡張作用のあるミノキシジルや、抹消血管拡張作用のある塩化カルプロニウムなどがあり、ミノキシジル配合の育毛剤には薬用 凌駕やリアップが、塩化カルプロニウム配合の育毛剤にはカロヤンシリーズなどがあります。
    漢方・生薬(センブリエキスやチョウジエキスなど)で同様の効果を持たせている育毛剤も多く見られます。

    皮脂の過剰分泌を抑制

    皮脂は、頭皮を保護するために必要な分泌物で、頭皮を外部刺激から保護するバリアーの役目を果たす用に、常に適量分泌されている状態がベストな状態といえます。しかし、日々のストレスや生活習慣によって、皮脂腺の調節機能が狂い、必要量を超えた皮脂が分泌される場合があります。
    過剰分泌により余った分は皮脂汚れとなり、毛穴を詰まらせてしまい、やがて炎症を起こし、毛根にダメージを与える要因となります。

    この皮脂の分泌量を抑制し、正常な状態に戻す効果のある成分には、カンゾウ根エキス(グリチルリチン酸)やニンジンエキス(オタネニンジン)やアロエエキスなどの植物系成分があります。

    頭皮の保湿

    薄毛・抜け毛の発生を予防には、頭皮の保湿も必要です。
    乾燥した頭皮は炎症などのトラブルが置きやすい状態で、毛根がダメージを受けやすい状況にあります。乾燥した頭皮に潤いを与えるには、ホホバオイルや馬油などのオイル系成分や、柑橘系エキスなどが有名です。
    ホホバオイルを使った育毛シャンプーや、馬油配合の育毛シャンプーなどがあります。また、柑橘系エキスを主成分とした育毛剤も売られています。

    .
    育毛剤口コミランキング! 売れ筋の育毛剤を比較ランキング!

    M-1ミスト

    アルコールフリーの育毛剤で有名です。育毛比較サイトで1位をほぼ独占しているすごい育毛剤!
    管理人イチオシ!地肌の脂っぽいニオイもなくなってきました!目下継続使用中....

    リアルラゾンDX

    莫大な経費をかけて誕生した育毛剤。芸能人を広告に使うことでも有名です。技術革新は相当なもので、これは期待できるかも!

    薬用凌駕(りょうが)アランテ2

    アランテという過去一躍センセーショナルを起こした育毛剤の強力版です。先発より後発の方が効き目があるはず!

    売れ筋&口コミで高評価の育毛剤を一挙紹介!
    ネット販売のみならず、薬店で買える育毛剤も紹介しています。

    育毛剤一覧   男性用育毛剤一覧  女性用育毛剤一覧
    育毛剤を安い順に表示   育毛剤を量が多い順に表示