育毛剤 AtoZ トップ育毛剤一覧 > ミノキシジル配合の育毛剤

ミノキシジル配合の育毛剤を比較

ミノキシジルが配合された育毛剤を一覧で比較しています。
日本では大正製薬のリアップがお馴染みですが、海外ではミノキシジル10%以上を含有する育毛剤があります。日本国外の育毛剤は個人輸入か、輸入代行業者からの購入が基本となります。



▼ミノキシジルの含有量の多い順
商品名、含有量、価格 含有量 特徴
リアップジェンヌリアップジェンヌ
約5,000円
女性用 日本製
ミノキシジル1% 大正製薬から発売されているミノキシジル製剤です。国産なので信頼度が高く安心感があります。輸入物に比べ価格が倍以上なのがネック。
ロゲイン女性用ロゲイン女性用
約2,000円
女性用 米国
ミノキシジル2% 国外のミノキシジル製剤の中では一番有名。日本では女性に対して1%の含有しか認可されていないのに対し、2%のミノキシジル製剤が販売されています。
スペクトラルクリームスペクトラル女性用
約2,400円
女性用 米国
ミノキシジル2% ロゲインよりも知名度は低いですが、ロゲイン女性用の廉価版として販売されています。
リアップX5リアップX5
7,400円
男性用 日本製
ミノキシジル5% 大正製薬から発売されている。国産なので信頼度が高く安心感がある。輸入物に比べ価格が倍以上なのがネック。
ロゲインロゲイン
約2,500円
男性用 米国
ミノキシジル5% 国外のミノキシジル製剤の中では一番有名。日本でも認可されている5%含有なので、まだ安心感はあります。
カークランドカークランド
約2,000円
男性用 米国
ミノキシジル5% 純粋なミノキシジル外用薬です。ロゲインと同じ、ここら辺なら許容範囲です。
エッセンゲンエッセンゲン
約3,000円
男性用 米国
ミノキシジル5% プロピレングリコールの添加があるので、頭皮の乾燥が強い人向きのミノキシジルです。
スペクトラルスペクトラル
約3,200円
男性用 米国
ミノキシジル5% ミノキシジルと新成分アミネキスルとの組み合わせ、言わばミノキシジルのハイブリット版?とも言えるものです。
ポラリスNR-07ポラリスNR-07
約2,700円
男性用 米国
ミノキシジル5% 手を出す気にはなれませんが、アップルポリフェノールアミノ酸が配合されているので、すごく興味のある育毛剤です。
ポラリスNR-08ポラリスNR-08
約3,200円
男性用 米国
ミノキシジル7% ここから境界を超える含有量に突入。高血圧や狭心症の人は絶対に「見るだけ」にして下さい。
ポラリスNR-09ポラリスNR-09
約4,200円
男性用 米国
ミノキシジル15% ここまできたら「実験だろ!」と思います。いくら生やしたくても濃ければ生えるってもんなのか?頭皮は大丈夫なのか?
デュアルゲンデュアルゲン
約4,500円
男性用 米国
ミノキシジル15% 外用薬だからといって侮ってはいけません。何度も言いますが、ミノキシジルは日本では「第一類医薬品」です。

ミノキシジルの作用と副作用
ミノキシジルは発毛剤として開発された薬ではありません。
ミノキシジルは当初、血管拡張剤として、心臓や血圧の疾患がある患者に内服として用いられていました。服用する患者から「発毛」の副作用を訴える患者が多数現れたことから、「発毛剤」として商品化されたという経緯があります。

このことから解るように、心臓や血圧の疾患がある方はミノキシジルの使用に十分配慮する必要があります。 日本で発売されている大正製薬のリアップは、重篤な副作用の可能性がある医薬品として、第一類医薬品に指定されています。

国外品を海外から個人輸入する際は、既病や普段の健康状態をしっかり把握し、決められた用法・容量を正しく守り使用してください。
どれがいいの?

育毛剤の一覧

育毛剤を比較